深海

世界初!深海化学合成生物群集の広範囲3D調査

ブレア ソーントン博士と彼の研究チームは,
沖縄トラフの深海熱水噴出域において,
世界初となる広範囲(2.5ヘクタール!)の3D海底イメージングによる底生動物の調査に
成功しました.この成果はDeep Sea Research Iに発表されました.

海底イメージングを行った場所は2010年に,
JAMSTECの地球深部探査船「ちきゅう」によって掘削が行われた所です.
この掘削によって人工の熱水噴出孔が出現し,
周辺には熱水域に特有の底生動物が集まってきていました.

研究チームは,掘削から3年4ヶ月たったあとに掘削地を再び訪れました.
3Dイメージング技術を搭載したレーザースキャンカメラ(通称ブレアスキャン)
をJAMSTECの無人探査機ハイパードルフィンに搭載して海底動物の調査を行いました.

その結果,掘削した場所の底生動物のバイオマス(生物量)は,
掘削の影響がない場所のバイオマスよりも低いことがわかりました.

ちなみに私は,2.5ヘクタールのイメージ画像にうつっている生物の同定とカウントを担当.
のべ10万回マウスをクリックして,画像にうつっている生物一匹一匹に
マーキングをしていたったのは(大変だけど)懐かしい思い出です.

Thornton B, Bodenmann A, Pizarro O, Williams SB, Friedman A,  Nakajima R, Takai K, Motoki K, Watsuji T, Hirayama H, Matsui Y, Watanabe H, Ura T (2016) Biometric assessment of deep-sea vent megabenthic communities using multi-resolution 3D image reconstructions. Deep Sea Research I 116: 200-219.

ピックアップ記事

  1. 日本周辺の深海化学合成生態系における重要なエリアの抽出
  2. 深海生態系の保全
  3. 世界初!深海化学合成生物群集の広範囲3D調査
  4. マレーシアサンゴ礁のカイアシ類の季節変化
  5. サンゴとサンゴ礁(入門編)

関連記事

  1. 深海

    深海探査システムの映像から海底面積を推定してみる

    国立研究開発法人海洋研究開発機構海洋(JAMSTEC)では1980年頃…

  2. 深海

    世界初!熱水活動のある深海底に穴をあけたらどうなった?

    2010年9月に,JAMSTECの地球深部探査船「ちきゅう」が…

  3. 深海

    日本周辺の深海化学合成生態系における重要なエリアの抽出

    深海化学合成生態系は,海底から噴出あるいは湧き出す還元化学物質(メ…

  4. 深海

    深海生態系の保全

    海の生物多様性がすごい勢いで減少している問題は,国際的にも地域的に…

最近の記事

  1. その他

    アマゾン河とネグロ河の合流点でたくさん魚が捕れる理由
  2. その他

    台風の通過はバクテリアと植物プランクトンの生産を促進
  3. その他

    科研費の採択率をアップさせるコツ
  4. 深海

    日本周辺の深海化学合成生態系における重要なエリアの抽出
  5. その他

    論文の書き方
PAGE TOP