研究費

研究費

これまでに頂いた研究費一覧
研究費金額(円)期間研究テーマ役割
琉球大学熱帯生物圏研究センター「共同利用研究」100,0002010年4月- 2011年3月沖縄県周辺サンゴ礁域における動・植物プランクトンの現存量と生産力代表
創価大学次世代プロジェクト3,870,00020104月- 2012年3月「海のゆりかご」海草アマモ場の修復・再生に向けて代表
科研費若手研究B3,640,0002012年4月 - 2014年3月サンゴが放出する有機物が微生物食物連鎖に与える影響の解析代表
アサヒグループ学術助成750,0002014年6月 - 2015年6月サンゴが放出する「粘液」がサンゴ礁生態系の食物連鎖に果たす役割の解明代表
日本サンゴ礁学会・若手研究者の海外渡航費援助35,000 2014年6月第3回アジア太平洋サンゴ礁会議渡航費援助
科研費若手研究B3,510,0002014年4月 -2016年3月「サンゴ粘液」がサンゴ礁生態系の微生物食物連鎖に果たす役割を定量的に理解する代表
日本学術振興会海外特別研究員10,500,000 (滞在費込み)2016年3月 - 2018年2月サンゴ礁生態系の物質循環における「ソフトコーラル粘液」の役割を理解する代表

 

 

こちらもどうそ.

最近の記事

  1. その他

    台風の通過はバクテリアと植物プランクトンの生産を促進
  2. 深海

    深海生態系の保全
  3. サンゴ礁

    サンゴ礁のスカベンジャーは誰?
  4. サンゴ礁

    サンゴとサンゴ礁(入門編)
  5. その他

    アマゾン河とネグロ河の合流点でたくさん魚が捕れる理由
PAGE TOP