サンゴ礁

マレーシアサンゴ礁のカイアシ類の季節変化

熱帯の国マレーシアには四季はありませんが,
モンスーンに起因する季節があります.
北東モンスーンと南西モンスーンです.

北東モンスーンはだいたい10月末〜2月頃まで,
南西モンスーンは4月〜9月頃に卓越します.
北東モンスーンは風が強く雨がたくさん降る雨期に相当します.海も荒れます.

今回,マレーシアのサンゴ礁に生息する動物プランクトンの季節変化を調査しました.
動物プランクトンの中でも数の多いカイアシ類という甲殻類を,
異なるモンスーンの時期にサンプリングしました.

その結果,カイアシ類の群集の70%は周年を通して小さなサイズのカイアシ類で
占められていました.熱帯には小さなカイアシ類がたくさんいます.
そして群集構造は異なるモンスーン毎に異なっていました.

赤道付近の熱帯の海では水温もほぼ一定なので季節変化はないという見解も
過去にはありましたが,実際には季節変化があることになります.
統計解析の結果,海流(水がどの向きからやってくるか)と異なる餌環境が,
異なるカイアシ類の群集構造を形作っていたと推察されました.

Nakajima R, Yoshida T, Othman BHR, Toda T (2015) Monsoonal changes in the planktonic copepod community structure in a tropical coral reef at Tioman Island, Malaysia. Regional Studies in Marine Science 2: 9-26.

ピックアップ記事

  1. サンゴ礁の動物プランクトンの食物構造
  2. サンゴ礁の海面表層ミクロ層
  3. サンゴ粘液の役割とは?(入門編)
  4. アマゾン河とネグロ河の合流点でたくさん魚が捕れる理由
  5. 台風の通過はバクテリアと植物プランクトンの生産を促進

関連記事

  1. サンゴ礁

    サンゴ粘液からスタートする微生物食物網

    海水中のチッソやリンなどの肥料となる栄養が少ないサンゴ礁の生態系が,…

  2. サンゴ礁

    ワタクシのサンゴ礁の研究

    サンゴ礁の生態系研究の歴史では,サンゴに代表されるベントス(底生生…

  3. サンゴ礁

    オニヒトデの幼生はサンゴ由来の有機物を食べることができる

    オニヒトデはサンゴを食べることで有名です.しかし大発生するとサンゴ…

  4. サンゴ礁

    サンゴ礁の動物プランクトンの食物構造

    サンゴ礁は今や,海洋生態系の中でも勢いのあるホットな生態系です…

  5. サンゴ礁

    サンゴ礁のスカベンジャーは誰?

    スカベンジャー(Scavenger)とは,日本語で腐肉食動物と訳され,…

  6. サンゴ礁

    サンゴ礁の海面表層ミクロ層

    海面表層ミクロ層をご存知でしょうか?英語でSea-Surface …

最近の記事

  1. 深海

    日本周辺の深海化学合成生態系における重要なエリアの抽出
  2. 深海

    深海探査システムの映像から海底面積を推定してみる
  3. 深海

    深海生態系の保全
  4. サンゴ礁

    サンゴ礁の青いプランクトン
  5. サンゴ礁

    マレーシアサンゴ礁のカイアシ類の季節変化
PAGE TOP