サンゴ礁が豊かなのは粘液のおかげ?

サンゴ礁の青いプランクトン

マレー半島の東海岸のサンゴ礁では青色のカイアシ類が数種見られます, 中でも珍しいのが青いアカルチア属のカイアシ類です. 種類はアカルチア・エリスレア(Acartia erythraea)といいます.

これまでポンテラ属の1部やコリケウス属の1部などで 青いカイアシ類が知られていますが, アカルチア属では知られていませんでした.

興味深いことに, この青いアカルチア(A. erythraea)と一緒に 採集される別のアカルチア(A. pacifica)は青くありません.

また,マレー半島の西海岸(マラッカ海峡)でもA. erythraeaA. pacificaが採集されますが,どちらも青くありません.

なぜ東海岸サンゴ礁のA. erythraeaが青いのかは今のところ分かりません.

カイアシ類が体を青くする理由としては,水の色に体を似せて捕食者から 逃避することや,紫外線から身を守るために, 体に色素を蓄積しているなどが考えられます.

Nakajima R, Yoshida T, Othman BHR, Toda T (2013) First record of a blue-pigmented Acartiid copepod in the tropical coral reef waters of Malaysia. Galaxea Journal of Coral Reef Studies, 15: 27-28.